MENU

浜松市の外壁塗装・屋根塗装はグラフィティーへお任せ下さい

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

053-401-1874受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約 相談・お見積すべて無料!
  • 外壁塗装の費用を知りたい お見積依頼 お気軽にご相談下さい!

グラフィティーの情報通信 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 情報通信 > 豆知識 > 外壁と屋根の同時塗装について 浜松市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

外壁と屋根の同時塗装について 浜松市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

豆知識

2021.06.01 (Tue) 更新

こんばんわ!

浜松市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、外壁と屋根の同時塗装についてお話しさせて頂きます。

外壁と屋根の同時塗装がオススメな2つの理由

「外壁と屋根の塗装をいっぺんに行うなんて大変ではないだろうか」、「余計に費用がかかる気がして心配」などとさまざまな疑問があることでしょう。

ここからは、外壁と屋根の塗装を同時にするのをおすすめする理由についてご紹介します。

①足場代を節約できるのでお得!

実は、塗装するには塗料以外にも足場を準備する必要があります。そのため外壁と屋根を別々で行うと工事のたびに足場を設置することとなり、足場費用が2倍になってしまうのです。

屋根と外壁を同時に行えば足場を一度しか組まなくてすみます。よって、同時に行うことで足場代を浮かせることができるのです。

②工事の手間が半分になる

外壁と屋根の塗装を別々で工事すると、いちいち業者探しから始める手間があります。業者探しは一見簡単にみえるようで実は結構大変です。

屋根と外壁の塗装が成功するかもしくは失敗するかは、ほぼ業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

優良業者と悪徳業者では明確な違いがあります。それほど業者選びは気楽にできるものではないので、まとめて行うことでその手間も1回で済ませられるのです。

まとめると…
  • 足場代を節約でき、かつ工事の手間を半減させることができる

●外壁と屋根の塗装をするタイミングは10年が目安

そもそもいつ塗装し直すべきなのかがわからないから行動に移せていないという方もいらっしゃることでしょう。

ここからは、塗装をするタイミングについての情報を共有したいと思います。

外壁の塗り替えのタイミングは8〜15年

外壁は前回の塗装から10年が塗り替えの目安とされています。しかしながら、年数はあくまでも目安でしかありません。劣化状況から判断するのが最善です。

屋根の塗り替えのタイミングは6〜12年

屋根は外壁よりも少し早い前回の塗装から8年が塗り替えの目安とされています。屋根塗料の寿命は外壁より短いということをしっかりと理解しましょう。

こちらもまた年数はあくまでも目安でしかないため劣化状況から判断するのが賢明だといえます。

外壁の劣化症状をチェック!

まずは外壁の劣化症状についてお教えします。

「チョーキング現象」がみられたら外壁が劣化していると判断して良いです。そもそもチョーキング現象とは外壁の塗装が劣化して粉状になることです。ひどい場合は塗替えをすることが必要であると判断できる状態でもあります。

 

「ひび割れ」もまた劣化症状のひとつです。塗装表面のひび割れならまだいいですが、外壁材まで割れているなら補修が必要となります。

 

「塗膜の膨れ」を見つけたら外壁が劣化していると判断するべきです。塗膜の膨れは言葉のまま塗装が膨れている現象をさします。放置すると塗装がどんどん剥がれていくため塗り替えが必要となってしまいます。

「塗装の剥がれ」は塗装が剥がれる現象であり、劣化症状のひとつでもあります。放置すれば外壁材の劣化が早まるため塗り替るべきです。

屋根の劣化症状をチェック!

外壁の次は屋根の劣化症状についてお教えします。

屋根の色が薄くなることを「色あせ」と呼びます。この状態であれば、劣化していると判断できます。今すぐ問題を起こすことは少ないですが放置すれば他の劣化を招きやすい状態であるため注意しましょう。

「ひび割れ」屋根を見つけた場合にも注意が必要です。放置すると雨漏りの原因となることもあるため補修しなければなりません。

 

「錆び」は金属屋根が錆びている状態を示しており、劣化症状の一つでもあります。放置すると屋根材が劣化するため塗り替えてください。

 

「塗装の剥がれ」は塗装が剥がれる現象です。放置すれば屋根材の劣化が早まるためメンテナンスが必要となります。

まとめると…
  • 外壁は前回の塗装から10年が塗り替えの目安で屋根は塗装から8年が塗り替えの目安だけれども、あくまで目安である
  • 目安は参考程度にし外壁と屋根の劣化状況を自分で確認すること

●外壁と屋根の塗装の工事

工事についてです。残念ながら業者に頼んだから一安心というわけにもいかないです。信頼のおける業者に頼めたとしても100%安全なわけではないからです。

オススメなのは手抜き工事をしていないか逐一チェックすることです。また、工事後に剥がれた場合の補修は無償か有償かはチェックしておくべきでしょう。

また、もちろん作業は業者が行ってくれますが、「外壁塗装&屋根塗装」工事の流れは理解しておくべきです。

流れをわかっていれば業者が手を抜いていた場合も気づくことができますし、業者とのやりとりもスムーズに行うことができるようになります。そこで、ここからは工事の流れについてわかりやすく説明してきます。

①足場設置・シート養生

まず始めに外壁を囲うように足場を設置して養生シートを張ります。これは塗料の飛散を防止するために行われます。

②高圧洗浄

次に高圧洗浄機を使って外壁を洗浄して汚れを落とします。外壁全体の汚れを落とし、簡単な汚れをなくしておくことで作業効率はあがります。

④養生・補修・下地調整

塗料が飛散しないよう養生し、ひび割れなどを補修、下塗りが付着しやすいよう下地を研磨します。

きちんと塗料が壁につくようにし、安定させるために壁を平坦にするための作業のため非常に重要です。この作業を怠っている業者は悪徳業者または手抜き業者です。気をつけましょう。

⑤下塗り

中塗りが剥がれないようにするために下塗り材を塗装します。下塗りは色をつけることが目的ではなく、上塗り用の塗料がしっかり壁に密着するために行います。

そのため塗装というようは下地調整の一部であるといえます。

⑥中塗り・上塗り

同じ仕上げ塗料を2回塗って必要な塗装の厚さを確保します。中塗りは上塗りの1回目とも表現できる作業です。だいたい中塗りと上塗りの塗料は同じものであることが多いのですが、中塗り専用の塗料を塗った上から上塗り塗料を塗るという場合もあります。

中塗りと上塗りが同じ塗料であることを利用し、中塗りをしていないのにもかかわらず業者が「中塗りをしています」と嘘を言う場合もあります。この場合きちんと中塗りを行ったかどうか判断することは難しいため手抜き業者に騙されやすくなってしまうのです。

すぐではなく数年後に剥がれや塗膜不良などの不具合が起こるケースもあるため、そのようなことが起こらないように中塗りと上塗りの日を分けることを希望することが手抜き防止策となるためおすすめです。

⑦清掃・足場解体

養生を剥がして足場を解体しておわりとなります。

まとめると…
  • 工事中にも逐一作業を確認し、工事後の欠陥が見つかった場合の補修についても話しておくべき
  • 足場設置・シート養生、高圧洗浄、養生・補修・下地調整、下塗り、中塗り・上塗り、清掃・足場解体という流れで工事は行われる
  • 養生・補修・下地調整を怠っている業者は手抜きの場合がほとんど

中塗りと上塗りの日を分けることが手抜き防止策となる

 

相談無料 診断無料 見積無料 相見積もり大歓迎!

ご質問・ご相談にグラフィティーの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

053-401-1874
受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お見積依頼はこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

グラフィティー代表よりごあいさつ

外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーのホームページへようこそ

外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー

代表取締役波多野 正剛
SHOUGO HATANO

初めまして!浜松市に地域密着!外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。
弊社HPをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
私たちはこれまで長く外壁塗装業界で活動してきましたが、この業界には様々な会社がいます。
悲しいことですが「手抜き工事」「悪徳な見積もり」「保証がない」など考えられない施工や営業をしている悪徳業者も存在しているのが事実です。

そんな業界を変えたいという思いからグラフィティーは浜松市に「外壁塗装専門ショールーム」を新規オープンさせていただきました。

「お客様の理想をカタチにする」をモットーにこれまで培ってきた技術を活かして、高品質な外壁塗装を皆様にご提案させていただきます。
浜松市の皆様が塗装工事で失敗することがないよう、グラフィティーは全力でサポートさせていただきます。お気軽に外壁塗装専門ショールームにご来店ください!

  • 浜松ショールーム アクセスマップ

    グラフィティー浜松ショールーム

    〒432-8068
    静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16
    TEL:053-401-1874
    営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

    ショールームについて詳しくはコチラ